人気記事


記事の詳細

サッカーにおいて、トラップ=1stコントロール からパスやシュートを連動してできるかどうかは、プレーヤーとして大きな差を生みます。そして、とても難しいのがこの連動です。トラップしてからパスまでの流れがもたついていると、せっかくのチャンスはなくなり、場合によってはボールを奪われて失点にもつながりますよね。

そこで今回は、トラップしてから、出したいタイミングでパスできるようになる考え方とコツについて書きます。

次のプレーを考えてトラップする

トラップのパターンは

サッカー トラップのコツは上半身?

に書いた通り、

・ボールの勢いを止める

・スペースへボールと体を動かす

の2つあり、意識することが大切ですが、もっと大切なことはそのあとのプレーをイメージしてトラップすることですね。何も考えないで一度足元に止めて、それから考えているようではレベルが上がるに連れて試合で通用しなくなります。

次のプレーをイメージできても・・・

問題はここからです。そもそも、トラップがうまくできないという人は

サッカー トラップのコツは上半身?

にポイントを書いておいたので、ぜひご覧ください。

そして、トラップがある程度イメージしたようにできるようになると、次のプレーへの流れが重要になります。トラップはうまくできたのに、そのあとのプレーが狙ったタイミングで正確にできないと意味がないですし、タイミングが遅れて相手が寄せてくると、どんどん消極的なプレーになってしまいます。

腕を引くときに逆の手を上げる

では、どうしたらトラップのあとスムーズな動きをし、狙ったタイミングでパスが出せるのか。

そのコツは

トラップする際、ボールを触る足と同じ側の腕(右足で触るなら右腕)を引くもしくは横に上げ、それと同時に逆側の腕もしくは手(右足で触るなら左腕もしくは左手)を上げる

(※『右足で触る⇒左腕を引く』のように逆の場合もあります)

ことです。

この片方の腕を引いたときに、逆側の腕もしくは手を上げると、上体が起きてボールをコントロールするときにはすでにルックアップした状態になります。また、腕や手を上げる(私の場合は軽くひじを曲げ、親指を上に向ける程度)と重心も体の中心で安定します。そうすると、次のプレーへ難なく移行できるのです。それにより、狙ったタイミングでパスを出すことができ、よりプレーの精度が向上し、幅も広がります。

よくある悪い例としては、トラップを丁寧にしようとするあまり猫背になり、ボールばかり見てしまいがちになります。そうすると周りは見えなくなり、少しでもボールのリズムが変わると足に力が入り、トラップミスもしやすくなります。

こういったことにならないように練習においては、力まないようにするために、トラップする側の足の形は最初は気にせずに広い面にボールをあてることを優先したほうが良いと思います。まずは、腕や手を動かしてトラップからパスへ連動する感覚を身に付けてみてはいかがでしょうか。

Training at Allianz Arena【7:22】


無料メルマガのご案内

お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身の経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
そして、2015年からはサッカースクールで小学生に技術指導。原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、私の特徴です。
 
オンラインを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る