人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

サッカーのさまざまな動きの中で、上半身と重心移動を意識することは、パフォーマンスの面でも、怪我の予防の面でも非常に大切です。ただし、それだけでは不十分なときもあります。まっすぐ走っている(ドリブルしている)状態から、急激に方向を変えたり、ストップするときなんかは、とくにそうです。

そんなとき、つま先で地面に着地するか、かかとで着地するかを考えると、動きがスムーズになります。

たとえば、、まっすぐダッシュして、腰を落とすよう、急にストップするときはどうでしょう。アプローチ&ステイなんかは、この動きですね。

このストップのときに、かかとから着地しようとするのと、つま先から着地しようとするのでは、重心移動も、足にくる負担も変わってきます。これは、実際に試してみてくださいね(^_^)大きな差だと思います。

では、さらにそのストップのときに、上半身をどう動かすと、よりスムーズな重心移動や体に負担の少ない動きになるでしょうか。これも、体を動かして経験してほしいと思います。なぜなら、その経験こそが、サッカー上達で欠かせないからです。人に言われて、聞いているだけでは成長できませんよね。

ランニングの本を読むと、走り方は書き手によってさまざまで、

・つま先
・フラット(ベタッと、つま先とかかとを同時につけるイメージ)
・かかと

のいずれかから着地をすると良い。

もしくは、

自分が走りやすいような動きなら、どれでも良い。

という説が主流です。

私は、『自分が走りやすい動き』に賛成ですが、サッカーの多様な動きでは、つま先とかかとの着地を状況によって変える必要がありますので、ぜひ、その点も意識してプレーをしてほしいと思います。

サッカー シザーズフェイント例


スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る