体の動かし方・体幹・姿勢

つま先着地、かかと着地を使い分けよう!!

サッカーのさまざまな動きの中で、上半身と重心移動を意識することは、パフォーマンスの面でも、怪我の予防の面でも非常に大切です。ただし、それだけでは不十分なときもあります。まっすぐ走っている(ドリブルしている)状態から、急激に方向を変えたり、ストップするときなんかは、とくにそうです。

そんなとき、つま先で地面に着地するか、かかとで着地するかを考えると、動きがスムーズになります。

たとえば、、まっすぐダッシュして、腰を落とすよう、急にストップするときはどうでしょう。アプローチ&ステイなんかは、この動きですね。

このストップのときに、かかとから着地しようとするのと、つま先から着地しようとするのでは、重心移動も、足にくる負担も変わってきます。これは、実際に試してみてくださいね(^_^)大きな差だと思います。

では、さらにそのストップのときに、上半身をどう動かすと、よりスムーズな重心移動や体に負担の少ない動きになるでしょうか。これも、体を動かして経験してほしいと思います。なぜなら、その経験こそが、サッカー上達で欠かせないからです。人に言われて、聞いているだけでは成長できませんよね。

ランニングの本を読むと、走り方は書き手によってさまざまで、

・つま先
・フラット(ベタッと、つま先とかかとを同時につけるイメージ)
・かかと

のいずれかから着地をすると良い。

もしくは、

自分が走りやすいような動きなら、どれでも良い。

という説が主流です。

私は、『自分が走りやすい動き』に賛成ですが、サッカーの多様な動きでは、つま先とかかとの着地を状況によって変える必要がありますので、ぜひ、その点も意識してプレーをしてほしいと思います。

サッカー シザーズフェイント例

保護者の方にお届けしたいメルマガ
お子さんの、サッカー上達や心と体の成長を願う保護者の方へ。
 
上達情報やお知らせ、さらにはSNSでは言えない。けれども大事なことを直接お届けします!
 
無料ですので、まだの方はこの機会にぜひご登録ください(^_^)
指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST