人気記事


記事の詳細

日本は、先進国の中でも食品添加物の扱いが多く、その数は諸説ありますが、問題は数だけではありません。欧米で、その危険性から厳しい規制がかかっているものでも、日本で全く制限がないというのも、とても問題です。

そうしたものは、専門的な知識がなくても、危険ではないか。と考えることはできますが、その他にも間接的な問題も含みます。

そこで、今回は、かつて商社で『食品添加物の仕事に携わっていた』安部司氏の情報を参考にしながら、食品添加物の危険性について書きます。

ある日、突然禁止になるため、『安全』と断言できない

食品添加物は、特定の条件で安全性試験を行って認可されますが、ある日、突然『使用禁止』になることがあります。

日本において、その理由は、ほとんどが発がん性物質であり、国は補償してくれないのが現実。それは、添加物の体への影響は短期間で起きるものではないので、健康被害の因果関係が掴みにくいからです。したがって、今日摂取しても平気だから『安全』とは言い切れません。

また、複合摂取による化学反応で毒性の強いものへ変わる事例も報告されています。これは、認可の段階で判断できることではないので、やはりリスクはあります。農薬の複合汚染と同じです。

味覚の破壊。塩分・糖分・脂質の過剰摂取を助長する

厚生労働省推奨の塩分摂取量は、成人男性で一日8グラム、女性で7グラム。管理人が小学生の家庭科で教わったのは、塩分で一日10グラム、砂糖は15グラムでした。

では、カップ麺はどうか。大きいサイズのものでは、スープまで全部飲み干すと、塩分は一日の推奨量を超えてしまうものもあります。また、麺を乾燥させるために油で揚げていますので、それなりの脂質を摂取してしまいます。しかも、海外で厳しい規制のかかっている『トランス型脂肪酸』という、常温で固形化・安定し、心臓病のリスクを高める脂質です。しかし、そんなに塩っ辛くて脂っこいカップ麺をコンプリート完食できるのは、食品添加物のおかげ。おなじみの化学調味料や、これまた欧米で発がん性物質を含有する、という理由で厳しい規制のかかっている『たんぱく加水分解質(分類上は、「食品」)』でうまみを出すことで、拒絶どころかクセになる味付けへ変わります。

糖分では、ペットボトルの清涼飲料水が有名ですが、飲んで『甘い』と感じるために、10%程度の濃度の砂糖水にします。しかし、それだけでは『甘すぎる』となってしまうので、酸味料を添加して、『すっきり甘くてオイシイ』となるようにしているんだとか。その行き過ぎたのが、『ペットボトル症候群』という、ある日突然若者が血糖値をコントロールできなくなり、吐き気、腹痛、意識がもうろうとする、といった症状を引き起こします。

このように、添加物によって、本来備えている『防衛本能』としての味覚がおかしくなり、塩分、糖分、脂質の過剰摂取を助長していまいます。その結果、さまざまな健康被害のリスクを押し上げます。

大切な価値観の破壊

「いただきます。」とは、命をいただく行為で、食べ物は、本来とてもありがたいものです。しかし、保存料やそれに代わるpH調整剤などで食品が本来の姿でなくなったり、安くて便利な加工食品を買って食べるだけ、といった感じになると、食事を作ることの大変さや食べ物を命として捉えることが難しくなります。

アメリカでは、犯罪者の過去を探るとき、『食歴』というものも調べます。それは、「今まで、どういう食環境で育ったか。」というもので、いかに食事が人間形成で重要なのかが、わかります。

おわりに

食品添加物の危険性や間接的なリスクは、自己責任です。国は補償してくれません。どういう食の選択をするか、子供には難しいですから、保護者や大人が、子供の未来をよく考えて行動する必要がありますね。ただし、完璧主義では長続きしませんから、安部司氏が言うように1週間くらいのスパンで考えて、「昨日はどうしても夕食作れなくてチェーン店の外食だったから、今日は手作りで野菜を多めにしよう」くらいが良いのではないでしょうか。

添加物でハンバーグ弁当を作る!BAZOOKAケミカルクッキング!!【55:38】


日本初!?オンライン型『個別スクール』のモニターを募集です。

現在、『メルマガ登録』して頂いた方に、秘密性が高く、iPhone・android・PCに対応している『チャットアプリ』を使った、オンライン型『個別スクール』の無料モニターになっていただける権利を差し上げています。日本初!?のチャレンジなので、試行錯誤はありますが、必ずみなさんにはプラスの経験になることをお約束します。人数に限り有りで、期間は2018年内です。
 
リアルの現場では、1か月SNSでフォローしたら、サッカーも私生活も、週一回のスクールだけと比べて『大きく成長』!!これを、ネットでもやろう。というのが今回の企画です。
 
なお、内容は『個人のスキルアップ』です。チーム運営やチーム戦術は混乱を招くので、お断りします。
 
なお、モニターの対象は、
 
小学生及び中学生
 
とします。スキルの指導で悩まれているコーチも、ご参加ください。
 
メルマガは無料ですし、特典もプレゼント!!お役立ち情報やお知らせもお届けしますので、ぜひご登録いただき、モニターにご参加ください。
 
それでは、お待ちしております(^_^)
 
*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス

関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る