人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

はじめに

食品添加物の表示は、意識の高い消費者にとって非常に大切な指標です。しかし、パッケージの裏には、ズラッと聞いたこともなくイメージもわかない単語が並んでいて、いつの間にか

「どれにも書かれているから、安全かな」

とマヒしてしまいがちですが、安全かどうかは別問題です。そこで、表示のルールを押さえておく必要があります。

食品添加物表示のルール

食品添加物表示について – 消費者庁

上のリンク先は、消費者庁がオンラインで公開している資料で、食品添加物表示について書かれていますが、これだけ見てもよく分からないところもあると思いますので、こちらで言葉を紹介していきます。

一括表示
香料や乳化剤など、同じ目的のために使われる場合、複数の物質でも、一括して表示ができる食品衛生法の制度。

キャリーオーバー
調理・加工したら、その段階で使用されていた食品添加物は効果を持たない。という考えで、書かなくてよい。たとえば、添加物入りのしょうゆ風調味料で焼肉用のタレを作った場合、タレの原材料には、しょうゆ風調味料に入っていた添加物は記載せず、「しょうゆ」とだけ表示すればよい。

加工助剤
加工するために必要な添加物は、書かなくてよい。たとえば、みかんの皮を剥くときに使われる塩酸とカセイソーダは、中和しあうため表示の必要がない。ちなみに、海外では、『たんぱく加水分解物(分類上は、「食品」)』のように、塩酸処理により、発がん性物質が生成されるため、厳しい規制がかかっているものもある。そもそも、『加水』という言葉から『塩酸』はイメージできないですね。。。

表示欄が小さければ、個別に表示する必要はない
たとえばコーヒーフレッシュのように、小さいパッケージに、添加物を記載するスペースがない場合、個別に表示する必要はなく、もとの袋にだけ記載すればよい。

いかがですか。どれも突っ込みどころ満載ですが、販売者および添加物の利権者のための表示ルールであって、消費者のことは、言葉遊びや言い訳で欺いている、と捉えられる面がありますね。

だからこそ、消費者は賢くなって、自分で調べる必要があるんですよね。

法律に引っかからない限り、売れれば何でもいい。とにかく売りたい。

というのがメーカーの姿勢ですから、大手だから素晴らしい。とは限らないんです。食品に限らなければ、そういった経験はみなさんもあると思います。

おわりに

食品添加物が蔓延しているのは、消費者の食に対するエゴ(需要)があるから。

参考●【豊かな!?食生活を可能に】食品添加物とは?メリットとデメリットも。

その実状を踏まえて、これから自分自身・家族はどうするのか、リサーチして判断していく必要がありますね。それでも判断に困ったら、近隣の有機農家を訪ねて、一日手伝いさせてもらうと何かを掴めると思います。私は、20代前半にその経験をたくさんさせてもらったからこそ、大切なことを学ぶことができました。本当に感謝です。

渡辺雄二の食育セミナー第1回 食品添加物の基礎「食べてはいけない添加物、食べてもいい添加物①」【11:02】


渡辺雄二の食育セミナー第2回 危険な食品添加物「食べてはいけない添加物、食べてもいい添加物②」【11:28】

スポンサーリンク

特に、小・中学生の保護者・指導者の方に人気です。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る