サプリメントは危険?副作用は?

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

はじめに

医薬品と違ってサプリメントは、薬事法などの規制を受けないため、病院で処方箋を出してもらったりや薬局まで行かなくても、インターネットやコンビニなどで簡単に手に入れることができます。そのため、美容や健康の足掛かりとして、また依存するかたちで利用する人がいます。

そんな、手軽で効果を期待してしまうサプリメントですが、指定の量を飲んだところで、薬のような強い効果を及ぼすようなものではありません。(あたかも、特効薬を飲んだかのような『誇大表現』が蔓延していますが。。。)

だからといって、『効果を出すため』に『他の薬やサプリメント』と同時に摂取することは副作用を引き起こす可能性があり、危険です。

サプリの複合・過剰摂取で、特定の栄養素を摂り過ぎに!

たとえば、ビタミンは『水溶性』と『脂溶性』に分類できます。

 水溶性ビタミン脂溶性ビタミン
主な栄養素●ビタミンB1
●ビタミンB2
●ビタミンB6
●ビタミンB12
●ビタミンB3
●ビタミンB5
●ビタミンC
●ビタミンH
●葉酸(ビタミンM)
●ビタミンA
●ビタミンD
●ビタミンE
●ビタミンK
過剰症汗や尿として排出されやすく、過剰症の心配は少ないです(『無い』というわけではない)。ビタミンCの過剰摂取で下痢になる、という報告あり。
水溶性と違い、体内で(肝臓、脂肪組織など)で貯蔵されるため、多量に摂取してしまうと過剰症を引き起こします。過剰症は、肝臓で貯蔵しきれなくなったときに、他の体内組織へ移行してしまうために起きます。以下、詳細。
過剰症詳細●ビタミンA
・頭痛
・吐き気
・肌荒れ
・関節痛
・肝臓肥大
・食欲喪失
●ビタミンD
・血液中のカルシウム濃度が上昇し、腎臓、動脈、甲状腺、肺などにカルシウムが付着。
・食欲減退
・吐き気
・嘔吐
・腎結石
●ビタミンE
明確なデータはないものの、無いとは言い切れません。単素材で引き起こされなくても、複数の素材が関与して何らかの健康悪化の可能性は否定できません。
●ビタミンK
・吐き気
・貧血
・血圧の低下(『血圧の低下』と『認知症』は、関係性が指摘されています。そもそも、問題ないのに『適正血圧』をどんどん下げてることで高血圧の患者が増やし、医療業界が儲かるシステムは、非常に危険です。)

上の表のように、特に脂溶性ビタミンは過剰摂取を避けなければいけません。「効果がもっと欲しいから。」といって、過剰摂取することは、副作用を引き起こす可能性が高まり、危険です。また、他のサプリメントと複合摂取すると、『予想していない』栄養素が過剰摂取になったりします。マルチビタミンサプリといっても、商品によって配合バランスは違いますからね。薬との併用(複合摂取)もしかり。きちんと医師に相談すべきです。

サプリメントをとるときに気をつけねばならないこと

特に女性の場合、ホルモンバランスが関わってくるため、足りない成分を過剰に摂取することで、体内バランスが崩れ、思わぬトラブルの原因になる可能性もあります。

また、アレルギーや乳製品の消化の問題(乳糖不耐症)、複合摂取による『特定の素材の吸収阻害』にも気をつけなければいけません。これらに当てはまる人は、医師に相談する方が好ましいでしょう。

こちらもいかがでしょうか⇒甘く見たら痛い目に!?サプリメントの選び方

健康は、ほどほどのストレスときちんとした食生活が基本です。ストレスはここでは詳しく触れませんが、食生活を疎かにしたり食事の代わりとしてサプリを大量に飲むことだけは絶対にしてはいけません。あくまでも、緊急措置です(アスリートは別として)。

おわりに

足りない栄養素をサプリメントで適切に補うためには、自分には今、何が足りていて何が不足しているかを知ることが非常に重要なことです。外食チェーンや加工食品は、素材から調理する『自分の手作り』よりもビタミンやミネラルが少ないものです。思考停止でサプリメントに依存するのではなく、まずは自分の食生活を振り返り、調べ、詳しい人に聞いてみるのが良いでしょう。こういった手間をやるかどうかが、健康回復の分かれ道となります。

久保明、田村忠司、髙遠智子『サプリメント外来の導入と運営』【5:21】


出資株主がサプリメントを使用するドクター&薬剤師&患者。高品質を追求するサプリメントメーカーの
株式会社ヘルシーパス


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る