サッカー 「正しいインステップキックの蹴り方」で足首をケガ?

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

はじめに

インステップキックの基本。蹴り足は指にぎゅっと力を入れて足首を伸ばし、前から見るとすねと一本の棒のようにして固定。そして、蹴りたい方向へまっすぐ助走して、足首は地面と垂直!足の甲でビシッとミートこれが基本??

足首を痛めませんか?

この蹴り方、ボールが浮いていればまだいいですが、地面で転がっているボールをこんな蹴り方で蹴っているシーンって見たことありますか?普通はインサイドや足を斜めにして蹴りますよね。蹴り足首を痛めて、プロ選手が実践で使わない漫画のような蹴り方をインステップキックの基本と信じている人が結構いるようでビックリしますが、危険なので決してマネしないでください。

インステップキックのポイント

インステップキックの蹴り方でのポイントは、

蹴り足首をムリに固定せず、軸足を強く踏み込まず、上半身と下半身を連動させることです。

「蹴り足首をムリに固定しない」は、靴紐あたりにボールがミートしやすいよう足首を動かします。角度は、つま先が下にさがるイメージです。指先に力はいれず、足首を動かす意識が良いです。

また、インサイドキックのコツ・ポイントと重なるところもあるように、体の動かし方とミートを強く意識すると良いと思います。

サッカー 世間一般の「正しいインサイドキック」の蹴り方は間違い?

サッカー インステップキックの動画【0:20】

おわりに

上の動画や、サッカーが上手な選手の映像や動画をよく観察・研究して、ムダなけがをしないように気を付けたいですね。

~インステップキックシュート~【トラップ】から【横ドリブル】から 【2:10】

FC Bayern Live-Training【7:43】


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る