人気記事


記事の詳細

サッカーにおいて、インステップキックのシュートは非常に重要です。それは、スピードとパワーをボールに伝えやすく相手守備陣にとっては対応しづらいからです。しかし、日本人選手のプレーを映像で見ていると、「撃てる」というシーンでひとつタイミングが遅れて蹴るため相手DFの足に当たったり、撃ってもゴールできないと判断してパスしてしまうことがよくあります。(2014年時点)。それに比べ、海外の選手は同じような場面でも躊躇なくインステップキックでシュートしています。

そしてその原因を、選手のメンタルやパワー、スピードのなさ、体のキレの問題で片づけてしまい、解決方法としてはそれらの要素を満たすしかない。と結論づけている人も多いのではないでしょうか。メンタルは非常に重要ですが、「撃っても相手にブロックされてしまう。」と判断してシュートを撃たないことも大きな課題です。

そこで今回は、そんなインステップキックのシュートを素早く撃つための視点について書きます。

蹴る前の動きに時間がかかってはNG

インステップキックのシュートはスピードとパワーが特徴的ですが、蹴る前の動きに時間がかかってしまっては相手守備陣に対応されてしまい、ブロックされたり、そもそも撃てない状況になってしまいます。

日本人はヨーロッパの選手に比べて敏捷性があるといわれているのに、ディフェンスと同じ間合いでも欧米の選手の方がシュートを撃てるのです。この『撃てる・撃てない』の差は相手の守備が対応する「蹴る前の動作の時間」が大きく関係しており、その「時間」は敏捷性が優れているにも関わらず「遅い」のではないでしょうか。

素早くインステップキックのシュートを撃つコツ

敏捷性よりも重要なこと、それは体の動かし方です。素早くインステップキックのシュートを撃つコツは以下のようになります。

1.軸足は力を入れて踏み込まない。

2.蹴り足は太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)を意識した膝下の振りでコンパクトに振らない。

3.蹴り足首の固定は不要。形を作る程度。

4.ボールにミートしたあとは、体が(程度は状況によるが、)跳ねるような感覚。

これらのコツを掴むと、ボールにしっかりと力が伝わり、スピードやパワーも上がります。

バンバン撃って次のステージへ

いかがでしょうか。よかったら実際に練習してみてくださいね(^_^)

シュートを撃てるエリアやタイミングが増えれば、こんなに楽しいことはありません。そして、相手がプレスをキツくしてくれば、パスやフェイントからのシュートなど、攻撃の可能性は一気に高まります。インステップキックのシュートにパワーやスピードはもちろん大切ですが、相手がシュートモーションに対応できないタイミングと動きで撃つことの方が得点には重要ですので、体の動かし方を身に付けてバンバン放ち、次のステージへと進めたらいいですね(^_^)

サッカー インステップキックの動画

Schusstraining mit Schweinsteiger, Makaay, Ballack und Co.

解剖生理学 33話「筋肉の名称めぐり」byWEB玉塾 (この動画で出てくる大腿直筋は大腿四頭筋のひとつです)


無料メルマガのご案内

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

2015年からC級ライセンスを取得し、サッカースクールで小学生に指導。

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
スクールでは、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、強みです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る