ドリブル・トラップ・コントロール

【リフティング】目標回数を達成させるために、やるべきこととは?

サッカーのリフティングは、上達するうえでとても役立ち、ある程度の回数ができることは『ボールコントロールスキル』を求められる現代サッカーにおいてはとても重要です。

しかし、目標の回数を設定しても長続きしない子もいるなかで、どのようにしたら指導者が強制的にやらせなくても、『自分自身で目標達成に向けてチャレンジ』できるようになるのでしょうか。

そこで今回は、私の指導経験から『リフティングの目標回数を達成させるために、やるべきこと』をお伝えします。

やることは、とても簡単!!

『リフティングの目標回数を達成させるために、やるべきこと』。それは、

回数を日付ごとに、一枚の用紙に記録する

です。たったこれだけ。

その際、目的を明確にしたり、目標達成の回数と期限を決めると(たとえば、3か月後に100回。2か月後に50回。1か月後に20回。)より効果的ですが、そこまでしなくとも

回数を日付ごとに、一枚の用紙に記録する

出来れば、

家族が見えるところに用紙を置いて、保護者は、回数が増えたらお子さんを褒(ほ)めてあげる

だけでも、大きな効果が期待できます。

幼児でもできる!!

この、

回数を日付ごとに、一枚の用紙に記録する

という行為は、数字が読める幼児でもできます。用紙こそ、大人が用意してあげる必要がありますが、大したことをする必要はありません。それに、幼児でも回数が増えたことくらいは理解できるので、用紙に数字が埋まってきたり、保護者に褒めてもらうと、いつの間にか大人の想像を超えるスピードで目標を達成することがあります。幼児であれば、リフティングは難しくても、縄跳びの回数を記録して、達成していく過程を経験するのもいいですね(^-^)大きな自信につながります♪

おわりに

記録を取る前はリフティングが20回くらいしかできなくて、回数にも大した興味がなかった小学生がいます。本人が「できるの!?」と言っていた100回ですが、記録をつけ始めてから少しずつやる気になり、約3か月で達成した事例もあります。

本人は、達成への過程を通じて多くのことを学びましたし、その記録用紙は他の子にとっても大事な参考資料となり、良い相乗効果が生まれましたよ(^-^)

なお、このやり方に関しては、私の経験だけに頼らず、再現性を高めるために、原田メソッドを参考にさせてもらいました。本当に感謝です!!

原田 隆史 新しい世界へ踏みだそうとする若者へ

原田隆史氏の書籍・研修・セミナー・勉強会はこちらから。

保護者の方にお届けしたいメルマガ
お子さんの、サッカー上達や心と体の成長を願う保護者の方へ。
 
上達情報やお知らせ、さらにはSNSでは言えない。けれども大事なことを直接お届けします!
 
無料ですので、まだの方はこの機会にぜひご登録ください(^_^)
指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST