【人気記事】

【スポンサーリンク】


FUKAN(俯瞰)&ハイライト

【ハイライト動画+1】20190719『川崎フロンターレ×チェルシー』

2019年7月19日に行われたワールドチャレンジ2019『川崎フロンターレ×チェルシー』の結果およびハイライト動画です。


川崎フロンターレ 1-0 チェルシー
【川崎フロンターレ】
レアンドロ ダミアン(87)

【公式】ハイライト:川崎フロンターレvsチェルシーFC 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019 2019/7/19

ワンポイント:勝利にこだわりすぎて得られなかったもの

この試合、川崎フロンターレがプレミア強豪のチェルシーに大勝利を収めましたが、あまりに勝利にこだわりすぎて得られなかったものがあったと感じました。

それは、

攻守における1対1のチャレンジ&Jリーグで魅せているポゼッションサッカー

です。

川崎はハーフラインまで全員引く戦術で、Jリーグでやっているポゼッションサッカーに対してのチャレンジを捨てました。

また、守備においては相手1人に対してなるべく数的有利で対応し、攻撃に至っては、サイドの選手が相手にドリブルで仕掛ける場面がありませんでした。

1年に1回できるかできないか、というビッグクラブとの『親善』試合なのに、普段自分たちがやっていることをどれだけできるか試さなければ、たとえワールドクラスを感じても、そこまでになってしまうのではないでしょうか。トーナメント戦の戦い方としては良いと思いますが。

一方のチェルシーは戦術を確かめながら進めていきましたが、試合終了前に失点をしてしまいました。そして、勝利だけにこだわる戦いを残りの数分で見せましたが、そのときの迫力はまさにワールドクラス。川崎は、チェルシーを本気にさせた、という点では素晴らしかったです。

Jリーグを代表する川崎フロンターレ、そしてその試合を見た日本人選手がこの試合後、どういうプレーをするのかがとても楽しみであると同時に、失うものがないビッグクラブとの親善試合では、二度と同じことをしてほしくないな。と感じましたが、みなさんはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】

RELATED POST