FUKAN(フカン)&ハイライト

【3試合連続ゴール】Cロナウドが突出する『DF』が嫌がる動き⁉︎20210919 ウェストハム×マンU

20210919 に行われたプレミアリーグ2021-22第5節、ウェストハム×マンUの一戦。

電撃復帰を果たしたクリスティアーノ・ロナウドが、公式戦3試合連続ゴールを決めて2−1と勝ちました。

そして、このときのゴールシーンがこちら。





彼の突出したプレーのひとつが表れたシーンです。

そのプレーとは、

DFラインの背後すなわちオフサイドラインでボールを待つ

ことです。

DFにとって一番イヤなプレーのひとつが、実はこれ。

というのも、そもそもオフサイド状態のFWを見るには、DFは大きく首を振ったり体の向きを変えなくてはいけません。

さらに、

無闇にDFラインを押し上げると2列目が簡単に飛び出して来れますし、下げるとライン間が間延びしたりオフサイド状態のFWがオンサイドになってしまいます。

このDFの心理をとことん突いてゴールを量産しているのが、クリスティアーノ・ロナウド。

レアル時代からこの形を『シュートまでのパターン』のひとつとして磨き上げ、今回もその典型的なシーンです。

FUKAN(フカン)でも取り上げているDF泣かせの駆け引き、ぜひ参考にしてみてくださいね(^_^)





【ザルからコップへ】知識や知恵、考え方を自分のものにする
RELATED POST