精神面・考え方(メンタル・マインド)

ケガしたときに、無条件でヒンヤリ湿布しないほうがいいですよ!って話

はじめに

サッカーなどのスポーツをしていたり、
日常生活を送っていて、
足を捻って腫れたことはありますか?

こういうケガをしたときに、無条件で湿布を貼る人がいますが、私はおすすめしませんし、スクール生にも基本は貼らないよう意見を伝えています。

今回はそのへんについてお伝えします。

ヒンヤリ湿布は炎症を抑える

これはみなさんご存知かと思いますが、

ヒンヤリタイプの湿布は患部の炎症を抑えてくれます。

気持ちいいですよね!痛み和らぎますよね!!

でも、それ、体にとっては本当に良いことなのでしょうか?

私としては、体の生理現象的にノーです。

炎症が起きるには意味がある

患部に炎症が起きることには、
意味があります。

それは、

●痛い!という信号出すからじっとしてて。
●血液をたくさん患部に送り込んで治すよ。
●腫れることで動きを制限するよ。

という感じで、
自分の体がケガを治しているんですよね。

これ、
ケガした本人の感覚としては不快ですが、
ケガを治すのは自分の体ですから
ものすごい理にかなっているんですよね。

それを湿布で抑えてしまうんです。

これは西洋医学の対症療法のひとつで、

体が自己修復するための手助け

をしているのではなく、

目に見える症状を抑える

だけなんです。

なので、
腫れや痛みが引いて

治った!

と勘違いして患部に負担をかけてしまい、
悪化させることはよくあります。

体からのメッセージを聞けるように・・・

私たちに必要なことは、
症状を抑えるのではなく、

体からのメッセージを聞けたり気づけたりすることではないでしょうか?

体からのメッセージを聞ける。
ということは、
ケガに限らず生きていく上でとても大事な感覚です。

そして、ケガに関していえば、

手術が必要なければ、
ごまかしながらでもしなければいけないことがない限り、

体を暖め、激しい動きはせず、
自分の体にしっかりと修復してもらうのがいい。
また、ケガは付き物。で思考停止にせず、
そのケガの原因は自分のどこにあるのか。
というのを考えて次に繋げていくことが

サッカーで何度もケガしてきた私の意見です。

今回の情報が少しでもお役に立てばうれしいです(^_^)

RELATED POST