最近の投稿
【スポンサーリンク】

サッカー×自然・食・農業

サッカー 食事もトレーニング!!

サッカーをうまくなりたい、と思っている人はたくさんいますが、果たして食事に対してどれくらい意識していますか。栄養価やミネラルはもちろん、食品添加物などもその対象です。しかし、食事はすぐ目に見える結果に結びつきにくいので、「今日だけ。今回だけ。」という誘惑に負けてしまいがちです。ケガや体調不良の要因の一つと頭では分かっていても(^_^;)

体の組織は基本的に食べたもので構成されているので、どんなにトレーニングを意識しても食べ物がテキトウだと見かけは立派でもいずれガタがきてしまいます。プロテインを飲んでいるからOK♪なんてことは、あり得ません。化学的で限定的な栄養素の固まりなので。もともと野性な生き物『ヒト』の体の構成には、やはり自然のものが大切です。プロテインも、補助としてなら話は別かもしれませんが。

食事がテキトウな人の体は、家で例えると、建築資材がいい加減で強度不足だったり劣化が早かったりする感じでしょうか。

長年スポーツで活躍できる人はみな食事に気を遣っていますし、サッカーの本田圭佑選手も「食事はトレーニングだと思って細かいところまで計算して、摂っている」と言っています。彼は12歳くらいからトレーニングだけでなく食事や便もノートに記録し続けているとのこと。便ということは、咀嚼(そしゃく・・・噛むこと)の大切さも当時から意識していたんでしょうか(^_^)

付き合いもあるので一人ひとり状況は違いますが、「食事は体を構成する基礎である」ということは意識し続けて、できる範囲で体にいい食事を実践していきたいですね♪

新発想スポーツ食MIZUMA.wmv


スポンサーリンク

RELATED POST