最近の投稿
ドリブル・トラップ・コントロール

サッカー ドリブルしているときの目線は?

サッカーでドリブルやボールタッチの練習をしているとき、

顔を上げて周りを見よう

といわれたことはありませんか。私もありましたが、顔を上げて周りを見たらボールが見えずにうまくドリブルできず、かといってボールばかり見ていても周りが見えなくて困惑したことがありました。

ということで、今回は『ドリブルをしているときの目線』について書きます。

ボールは視野のどこに?

ボールを見つつ、周りも見ることができれば、ボールコントロールのミスも少なく、状況を判断して焦らずプレーできますね。そこで、ドリブルをしているときの見えている『視野』をテレビ画面に例えてみると、ドリブルが得意な人が『ボールも周りも見ている』状況は、次のようになると思います。

ボールはテレビ画面の下の方に映り、周りの状況は画面の中央付近に映る。(全ての状況に、あてはまるわけではありません。)

その一方、ドリブルが苦手で慌ててしまう人は、

ボールが画面中央付近に映り、周りの状況は画面の隅の方に映る。

状態かと。

目線が違うだけで、体の姿勢やドリブルのタッチする感覚も変わりますし、体の動かしやすさも違ってきます。最終的には、たくさん練習をしながら、自分のやりやすい型を身に付けていくと思いますが、その際に目線を意識することも非常に大切だと感じますので、ドリブルが上達したい人にとって、少しでも参考になれば幸いです(^_^)

Cristiano Ronaldo – Tested To The Limit(16:00くらいから要チェックです♪)

【1年6カ月で100回】気付いていない課題も改善

私は選手としては、自分で自分を追い込むことはできましたが、体のことを知らないでがむしゃらにやったり、パフォーマンスを上げようと試行錯誤をして何度もケガをしました。指導者としては、自分の過去の競技歴よりも素晴らしい選手たちをパーソナル(個別)コーチングさせてもらっています。

そんな私が限界が来るまでチャレンジする企画がこちらです。

RELATED POST