最近の投稿
守備・戦術・戦略・サッカー用語

サッカー アイコンタクトとは

サッカーにおけるアイコンタクトとは、意志疎通(コミュニケーション)を図る手段の一つであり、声でなく、目と目で行います。

たとえば、パスを受けたい人がボールを保持している人とアイコンタクトができた瞬間に決定的な動き(アクション)をしたり、身振り手振りで要求することで、タイミングや考えの不一致を防ぐことができ、より良い攻撃ができます。

ちなみに、この『アイコンタクト』という用語は、日本サッカーを世界へ本格的に向けさせたといわれる、ハンス・オフト監督が持ち込んで教育したものだとか。ドーハの悲劇を味わったこの監督は、日本サッカーに偉大な貢献をしてくれた一人。感謝ですね♪

FC Bayern training highlights【4:01】

【1年6カ月で100回】気付いていない課題も改善

私は選手としては、自分で自分を追い込むことはできましたが、体のことを知らないでがむしゃらにやったり、パフォーマンスを上げようと試行錯誤をして何度もケガをしました。指導者としては、自分の過去の競技歴よりも素晴らしい選手たちをパーソナル(個別)コーチングさせてもらっています。

そんな私が限界が来るまでチャレンジする企画がこちらです。

RELATED POST