守備・戦術・戦略・サッカー用語

サッカー コンパクト/ブロックとは

サッカーにおけるコンパクトとは、守備のときにプレッシャーとカバーリングが効率よくできるように、前線から最終ラインまでの幅を狭くして行う守備のこと。もしくは、その状態のことです。

ブロックとは、守備のときの陣形で、前線の選手を残し、中盤と最終ラインの選手が、ある程度の距離感を保ちながら連動して上げ下げし、常に相手の攻撃スペースを消します。コンパクトよりも守備的です。

いずれも、戦術として機能させるには、その前提となるチャレンジ&カバーやボールを奪う力、マークの受け渡しなど、守備の基本がとても大切。守備の基本は、日頃の練習で高めることができるので、まずはそこから大事にしたいですね(^_^)

守備ブロックイメージ集【11:06】

指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST