守備・戦術・戦略・サッカー用語

サッカー ダイアゴナルランとは

サッカーにおけるダイアゴナルランとは、斜め前方(中央からサイド、もしくはサイドから中央)に走る動きのことです。ダイアゴナルランによってマークしている選手の対応が遅れると今度は受け渡しが難しいため、パス一本で大きなチャンスになりやすくなります。

ダイアゴナルラン

もっといえば、攻撃選手はマークを付かれているとき、別の相手のところに走るとマークが外れやすくなります。それはドリブルにおいても同じで、別の相手のところへ行くと、「どっちが見るの?」と、マークの責任が曖昧になりやすいから。そして、その瞬間にチャンスが生まれるのです。

この感覚は、仕事での責任と同じだと思います。サッカーのオフ・ザ・ボールの動きや戦術を考えるときは、日常生活に当てはめてみるのがおススメです♪

サンチェスのオフザボールの動き【4:03】

指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST