守備・戦術・戦略・サッカー用語

サッカー フリックとは

サッカーにおけるフリックとは、ボールを少しかすらせ、後方へ送る技術のことです。相手を寄せ付けておいてパスを受けたときにアウトサイドでしたり、コーナーキックの時などにヘディングでしたりします。ヘディングでは、『スラす』と言うこともあります。

実践的なこととしては、ヘディングでの場合は競り合う選手の周囲にいる選手が、フリックや後方にボールが流れる可能性があるので、セカンドボール(1人目が競り合ったあとのボール)を予測し、背後にポジションを取ろうとする意識が大切です。

アウトサイドでの場合は、フリックする選手が『しっかりとした体の動かし方』で、きちんとボールに力が加わるようにすることと、あらかじめ『周りの状況を把握しておくこと』が重要です。

【サッカー】超絶テクニック!驚愕のターン・トラップ・キープ集【6:48】

指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST