守備・戦術・戦略・サッカー用語

サッカー ボディシェイプとは

サッカーにおけるボディシェイプとは、身体の向きと体勢をひとくくりにした言葉です。良いプレーをするには、ボールを持っている時・いない時に関わらず、常に良い体の向きを保ち(グッドボディシェイプ)、周囲の情報を得ること(視野の確保)が重要です。

ボールと相手、ボールとゴールを見られるポジショニングとボディシェイプを意識できると、意識しない場合よりも情報がしっかりと入ってきて『落ち着いてプレー』できます。小学生のときから、ボールを持つ前からプレーが始まっている。という感覚を持つことが重要だと思います。

ちなみに、ボールを受ける前に、あらかじめ次のアクション(どこにパスを出すか、どこにファーストタッチをするか、どこにドリブルするか。など)の選択肢を二つ考えておくと、周りもよく確認するようになるので、さらに落ち着いてプレーができます(^_^)

Iniesta’s magic is not just for matches【1:57】

指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST