小・中学生のチームで起きている2極化のなかで

人気記事


スポンサーリンク

記事の詳細

グローバル化によって、様々なところで2極化が生じ、加速されていますが、サッカーの育成においても例外ではありません。

みなさんも、すでに肌で感じているかもしれませんが、

小学生の少年団。
中学生の部活。

対するは、

小学生のクラブチーム。
中学生のジュニアユース(クラブチーム)。

これらには、2極化が起きています。

具体的には、

小学生の全国大会予選に数チームから編成される『選抜チーム』が参加できなくなったため、『強豪ではない少年団』に所属する、キラ星が埋もれやすくなっています。

また、中学の部活においては、顧問の先生の長時間労働の問題で部活動の環境が変化。外部顧問対策をとるも、適正な謝礼を出せないためジュニアユースとの差は拡がるばかり。

それでも、子供たちはサッカーが楽しくて、サッカー選手を夢見て、一生懸命です。

でも、残念ながら2極化の流れは止まらないでしょう。

では、高校や大学で活躍。プロを目指す。そういう目標を掲げた場合、小・中をどうすべきか。ということになりますが、

ひとつは、サッカー環境を変える。つまり、強豪チームへの移籍。

もうひとつは、徹底的に基礎を磨いて蓄積し、高校で強豪校に進学したときに、それをいかんなく発揮してブレイクする。

この2つの選択肢のなかで、どんな環境におかれていてもできる選択はどちらでしょうか。

これは、言うまでもないですね。

徹底的に基礎を磨く。自分と向き合う。

これができていれば、たとえ小・中が弱いチームでも高校生になったとき、一気にブレイクしますよ。

それと、弱小チームにいても目立つ存在であれば、トレセンといって、地域で上手な子が集まるところに呼ばれるようになって、他の上手な子たちと練習会や試合ができます。

このとき、とんでもなくうまい子がいてショックを受ける子が沢山いるようですが、高校生くらいになって体ができてくると、充分逆転可能な場合が多いので、あまり悲観的にならないことが大切です。

それよりも、基礎の徹底を意識してほしいと思いますし、その基礎は、一人での自主トレです。

【公式】ゴール動画:久保 建英(FC東京)76分 FC東京vsアルビレックス新潟 JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節 2018/3/14


お知らせ・お役立ち情報も随時お届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


メルマガ特典:YOUTUBE分析手法に関する『未公開動画』です。全部で15本。トラップ・ドリブル・キックについて。

【10】【説明】インステップキックのシュートを素早く蹴り、しかも精度を上げるコツ


関連記事

 

スポンサーリンク

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

私自身は、小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会いました。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
ちなみに、子供が効果的なサッカーの自主トレ・自主勉を継続的にできるようになることは、成長するうえでとても重要だと思うので、私の指導目標のひとつにしています。

インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを楽しく掘り下げていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

サイトマップ


ページ上部へ戻る