人気記事


記事の詳細

2017/5/4に開催された、明治安田生命J1リーグ 第10節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ の試合。75分、浦和レッズのチャンスシーンをFUKANしました。

【チャンスシーンからの動画再生】
【公式】ハイライト:浦和レッズvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第10節 2017/5/4

FUKAN 1 パス&ゴーによる、中盤のサイドからシュートレンジへの飛び出し

①左足インサイドキックのパス&ゴーで、ディフェンスラインにあるスペースへ走りこむ。

②対面するオフェンスの動きに気を取られ、内側のスペースを消すのに、対応が遅れる。

③交錯するかたちで、スルーした状態。

④パス&ゴーではなく、ボールをチェイシングする。

⑤スルーされたボールに対し、ディフェンスは自陣に戻り、オフェンスは引いてボールに寄る。

⑥マーカーのパス&ゴーには、付いてゆかない。

⑦ ⑤により、フリーで前を向いてディフェンスを引き寄せ、走りこむ味方へ右足インサイドキックでパス。

⑧マークを捨てて、ボールへプレス。

⑨右足インサイドキックで、ワンタッチシュート‼

⑩センターバックがカバーリングに入る。ファーサイドのオフェンスが中央に入ってくる。

ひとこと

サイドの選手がダイアゴナルで中央のスペースへ入っていく動きは、相手も捕まえにくいですね。


【チャンスシーンからの動画再生】
【公式】ハイライト:浦和レッズvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第10節 2017/5/4


随時、お役立ち情報などもお届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る