人気記事


記事の詳細

2017/05/09に開催された、CL16/17準決勝 2ndleg ユベントス×モナコ の試合。33分、ユベントスの得点シーンをFUKANしました。

【チャンスシーンからの動画再生】
【ハイライト】ユベントス×モナコ「UEFAチャンピオンズリーグ16/17 準決勝 2ndleg」

FUKAN 2 カウンター攻撃で、前が詰まってからの二次攻撃。

①ドリブルでタッチライン側を駆け上がる。

②中央のスペースへ入りつつ、逆サイドのスペースを空ける。

③ディフェンスの戻りと寄せにより、前方向の攻撃が詰まる。

④サポートする後方の味方にバックパス。

⑤バックパスの『次のパス』を受けるため、『前⇒右』へ動きを変える。

⑥ファーストコントロール(トラップ)で、右足側にコントロールし、ゴール前に利き足ですぐにクロスを供給できる状態。

⑦ディフェンスライン全体が、左にスライドする。それにより、ボールのファーサイドにスペースが生まれる。

⑧ ④でバックパスをした選手が相手2人を引き付けて、後方から上がってくる選手とポジションチェンジをする。

⑨オフェンスはファーサイドのスペースへ、マークしていた選手は、ディフェンスラインの中央へ戻る。

⑩ ⑧⑨で、ポジションチェンジにより上がってくるオフェンスに対してのマークが遅れる。

⑪ファーサイドのゴールエリア角にクロスボールが入り、走りこんだオフェンスがシュート。一度キーパーに防がれるも、しっかり詰めてゴール!!

⑫クロスのタイミングに合わせて、ディフェンスラインが下がる。

⑬オフサイドにならないよう、一度ディフェンスラインまで戻り、クロスに対応できるように動いている。

ひとこと

カウンターで点を取りに行きたいときに、ムリに前がかりになるのではなく、連続した3人目の動きで攻略。

とても勉強になりますね(^_^)


【チャンスシーンからの動画再生】
【ハイライト】ユベントス×モナコ「UEFAチャンピオンズリーグ16/17 準決勝 2ndleg」


無料メルマガのご案内

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス


関連記事

 

管理人

2015年からC級ライセンスを取得し、サッカースクールで小学生に指導。

小学校3年生からサッカーにハマり、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
スクールでは、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成のサポートをするとともに、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるのが、強みです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る