最近の投稿
【スポンサーリンク】

FUKAN(俯瞰)&ハイライト

FUKAN30 リーガ19/20★バルセロナ×セビージャ20191006 引いて守っても無意味!?

20191006に開催された、リーガ19/20 バルセロナ×セビージャの試合。27分、バルセロナのチャンスシーンをFUKANしました。

サイドを簡単そうに崩して、最後はオーバーヘッドで得点してしまうバルセロナの攻撃。

①CBを経由して左へ展開。パスを出した後、前へ出る。
②胸をコートの内側へ向けながら開き、ハーフスペースでパスを受ける準備。1stディフェンダーのプレスを回避しつつ、ゴールに向かいながらプレーしやすい。
③タッチライン付近まで開く。

④パスを受けた後、すぐに縦へドリブル開始。
⑤ドリブル開始と同じタイミングで、斜め前へスピードを上げて走る。
⑥DFが裏をケアしようとして下がる。

⑦バックステップを踏み、足元でパスを受けてターン。そして、左サイドの味方へパス。
⑧⑦のパスを出す直前に、一気に加速してニアへ。マークの選手よりも前に出る。

⑨ワンタッチでクロスボールを上げる。
⑩マークのDFが後方からニアを塞ぎに戻ったため、味方がクロスを上げる助走のときに走るコースを変える。そして、クロスが上がった時にはフリーになり、ゴール中央でオーバーヘッド!ゴール!!

おすすめ記事と動画

5レーン&ハーフスペースとは?意識すると、サッカーが面白くなる!!たとえばサッカーの攻撃を考えるとき、フォーメーションは確かに重要ですが、それだけでは良い攻撃ができるとは限りません。なぜなら、相手の個の...
スポンサーリンク

RELATED POST