人気記事


記事の詳細

2017/06/03に開催された、CL16/17 決勝 ユベントス×レアルマドリード の試合。64分、レアルマドリードのチャンスシーンをFUKANしました。

【チャンスシーンからの動画再生】
【ロングハイライト】ユベントス×レアルマドリード「UEFAチャンピオンズリーグ16/17 決勝」

FUKAN 4 ロングパスのミスを、素早い攻守の切り替えと予測、動き出しでインターセプトし、パス3本でゴール!

①ワンタッチのパス交換で、1stディフェンダーのプレスを回避。

②ワンタッチパスで中盤の選手が前を向いたタイミングでポジションチェンジ。サイド攻撃を狙う。

③トップに縦パスを供給せず、トライアングルを形成していた味方へパス。

④⑤のオフェンスに対し、右サイドへのパスを要求しながら、次のポジショニングをとる。

⑤右サイドにいる味方(大きなスペース)に、トラップしてから右足でロングパス。

⑥③で縦パスを要求するも、受けられず。そのあと、ロングパスが出た方向へ動きなおし。

⑦ロングパスのミスキックと、ディフェンダーの予測でパスカットされる。ディフェンダーはヘディングで前にいる選手にパスをするも、素早い攻守の切り替えと予測、動き出しでインターセプト。他の二人の選手も、予測してボールを奪いに行っている。

⑧インターセプトした勢いでボールを味方に預けて、縦のスペースへ。

⑨パスを受け、タイミング良く、縦のスペースへ右足のインサイドキックパス。

⑩ヘディングをパスカットされた選手がアプローチ。

⑪⑩の選手のカバーリング。

⑫味方選手がパスを受けやすいよう、スペースを空けながら、ゴール前へ。

⑬ワンタッチで、ニアへクロス。

⑭縦からクロスを入れるタイミングで、進路を変えてスピードアップ。ニアで合わ<せてシュート!ゴール!!
⑮マークする選手を意識しながら、ニアサイドのスペースを消す。

⑯ゴール前中央へ、斜めに動く。

ひとこと

相手の動きからパスコースを予測することは、インターセプトにおいて、とても重要ですね(^_^)


【チャンスシーンからの動画再生】
【ロングハイライト】ユベントス×レアルマドリード「UEFAチャンピオンズリーグ16/17 決勝」


随時、お役立ち情報などもお届けします。

*お名前(ニックネーム可)
*メールアドレス



関連記事

 

管理人

2015年から、サッカースクールで小学生に指導。資格はC級ライセンス。

小学校3年生から少年団でサッカーを始め、16歳のときイングランドで衝撃を受け、21歳のときYOUTUBEに出会う。がっつりプレーしたのは22(23?)歳まで。

自身のプレー経験だけでなく、サッカーと全く関係ない分野を抽象化して応用することで、イングランド遠征で感じた世界との差を解決(16歳から10年以上かかり、センスなさすぎ(笑))。
 
指導に関しては、原田メソッドを参考にさせてもらって目標達成をサポート。また、強みは、独自の視点による『ワンポイントアドバイス』により、『できなかった』プレーを『できる』ように変えられるところです。
 
インターネットを利用して、より多くの人とサッカーを掘り下げていけたらと思います。
 

サイトマップ


ページ上部へ戻る