キック・ヘディング

サッカー ヘディング ミートする部位について

サッカーのヘディングは、スキルの基本として「おでこの真ん中」に当てるように指導をする、もしくは受ける人がほとんどではないでしょうか。今回は、そんな基本について考えてみます。

キックは足の色々な部分で蹴る

キックは、インサイドやアウトサイド、インステップやインフロント、ヒールやトーキックなど、足のさまざまな部分を使います。そして、試合中に良く使うものは、1つではなく複数あります。そのため、キック練習となると、普通は数種類のバリエーションを行いますね。

ヘディングの基本練習では?

その一方、ヘディングの基本練習は、立ったままであったり飛んだりする違いはあるものの「おでこの真ん中」に当てるパターンが圧倒的に多いです。キックでいえば、(ほとんど)インサイドキックの練習しか行わないようなものです。

試合ではさまざまな部位でヘディングする

そんなヘディングですが、試合となると「おでこの真ん中」だけではなく、少し左右にずらしたところや髪の毛の生え際あたり、両眉の間でミートするなど、さまざまな部位を使います。また、飛ばす角度方向もキックと同様に変える必要が出てきますね。ヘディングひとつで失点にも得点にも繋がりますから。

ヘディングが上手な人とは

以上のように考えていくと、ヘディングの種類はいくつもあるため、基本練習の段階でキックと同じように数種類取り入れないと試合での効果は薄いのではないかと思われます。ヘディングが本当に上手な人は必ずといっていいほどこのことを良く理解しており、研究と練習を繰り返してスキルを高めています。

おわりに

今回はヘディングのミートする部分を例に出しましたが、

人に提示されたことをただこなすだけでは限られた範囲でしか成長できないため、自分自身でよく考えること

が非常に大切になります。ぜひとも日常生活から習慣化したいですね(^_^)

Müller, Dante & Co. with ‘special’ training【4:09】

保護者の方にお届けしたいメルマガ
お子さんの、サッカー上達や心と体の成長を願う保護者の方へ。
 
上達情報やお知らせ、さらにはSNSでは言えない。けれども大事なことを直接お届けします!
 
無料ですので、まだの方はこの機会にぜひご登録ください(^_^)
指導実績例
  • ●全国高校サッカー選手権出場高校所属
  • ●某強豪県内の高校サッカー部(県内ベスト16程度。母校ではない。)
  • ●J下部組織所属(中学生)
  • ●中体連地域大会(県大会の上)出場(中学生)
  • ●中体連県大会出場(小学6年から始めた中学生)
  • ●J下部組織所属(小学生)
  • ●オンライン指導中に県選抜選出(小学生)
  • ●全国大会出場チーム所属(小学生)
  • ●県大会出場チームキャプテン(小学生)
  • ●市町村&地区(市町村の上)トレセン選出(小学生)
  • ●地元少年団でがんばる子(小学生)
RELATED POST