FUKAN(フカン)&ハイライト

【FUKAN47】一度目は足元で受け、二度目はフェイクで裏へ抜け出す。

【FUKAN47】一度目は足元で受け、二度目はフェイクで裏へ抜け出す。

今回は、リーガ19/20★バルセロナ×エイバル 20191019 66min の、バルセロナのチャンスシーンをFUKANしました。

タイトル
一度目は足元で受け、二度目はフェイクで裏へ抜け出す。

サブタイトル
どうせ、また足元でしょ!?

キーワード3つ
●ポストプレー
●メイク・ザ・スペース
●裏への飛び出し


①カウンター攻撃。一度、ポストプレーで前線の選手に当ててワンタッチで落とすことで、相手をボールへ寄せつつ、味方の上がる時間を作る。
②素早い攻守の切り替え&ポストプレー&前線の選手が右から中央へ流れることで、右サイドが空く。


③トラップしてからパス。
④1stタッチで横へドリブルしてプレスをかわす。
⑤Lの動きで裏を狙いつつ、相手を引き寄せて背後にスペースを作り出す(メイク・ザ・スペース) 。
⑥ゆっくり上がり、ドリブルを見て再び足元でもらう動き。
⑦ドリブルと⑥の状況を見てマークを味方に預け、⑥で足元にパスが入るところを狙って少し前に出る。


⑧2ndタッチで斜め前にドリブルし、⑤でできたスペース ギャップ にスルーパスを通す。
⑨⑦で相手が食い付いてきたところで一気に裏へ抜け出す。


⑩ドリブルしてGKと2対1になり、横から上がってくる味方へパス。
⑪ゴール前へ上がり、パスを受けてワンタッチシュート。ゴール!

おすすめ

【オフ・ザ・ボールの動き方】サッカー基本用語まとめ

【オフ・ザ・ボールの動き方】サッカー基本用語まとめはじめに サッカーにおけるオフ・ザ・ボールとは、自分でボールを扱っていない場面のことをいいます。その反対で、ボールを扱っている場面...

【サッカーの保護者コーチ必見】【図説】FUKAN100に出てくるサッカー用語&オフザボールの動きまとめ

RELATED POST